フランチャイズで始まる!?ビジネスのチャンス!

そもそも、フランチャイズって何?

インターネットや新聞記事などで、よく見かける「フランチャイズ」という言葉の意味をご存知でしょうか?フランチャイズとは、ビジネス形態の一つを表す言葉です。まず、本部が商標や商品、販売のノウハウ、店舗経営のノウハウなどを加盟店に提供します。そして、加盟店はそのノウハウを利用して売り上げた利益の一部を本部へ支払う、という仕組みになっています。加盟店オーナーにとっては、本部の支援を受けられますから、個人で開業するよりも安心して開店出来ます。そして、運営に関しても本部の支援を受ける事が出来ますから、メリットが大きいのです。

個人開業をするメリットとデメリットを考えよう!

フランチャイズではなく、個人で経営を学び、開業する方法のメリットとデメリットを考えてみましょう。まず、メリットは本部へ利益の一部を支払う必要はありませんから、売り上げた利益をオーナーが全て受け取る事が出来ます。そして、店舗レイアウトや商品は、オーナーの自由に選べますから、個性的な店舗作りを行う事も可能です。しかし、デメリットも多く、商品の仕入れや開発などを独自で行わなければならなかったり、開店した店舗の認知度を上げるたりするのも大変です。メリットも大きいけれども、デメリットも大きく、心配事も多数存在するというのが個人開業です。

フランチャイズが成功への近道である秘密!!

多くのメリットとデメリットが存在する個人開業よりも、フランチャイズの方が開業しやすいという理由は、本部が提供するノウハウだけではありません。オーナーが受け取る事の出来る総利益を最低限補償してくれる制度を設けている企業が多い、という理由もあるのです。こういった企業の加盟店となれば、年間の総利益が少なかったとしても、最低保証額は本部が負担してくれるという事になります。開店後、1年から2年は、経営が上手くいかないというオーナーも少なくありません。経営が軌道に乗るまでの間、本部からサポートを受けられるという事が、オーナーを成功へ導く秘密なのです。

フランチャイズは便利な契約として活用する事が出来ます。開業資金などの援助をしてもらう事が出来ますのでメリットが多いです。