一家に一台、どんな時でもウォーターサーバーがあれば安心!

ウォーターサーバーっていつからあるの?

もともと、ウォーターサーバーは、企業や病院などの待合室や応接室などに設置されていました。要は、家庭用ではなく企業向けの商品でした。一般家庭に普及し始めたのは、ここ数年の話で、きっかけは、水道水への異物混入が原因で、使用者の水道水への不信感より普及が、急速に伸びてきました。また、同時に地震などの震災時に停電などが起きて、水道が使用できなくても利用できるために、一般家庭でも利用されるようになりました。

天然水に近いウォーターサーバーの水

ウォーターサーバーの水は、天然水に近い、国が定める基準をクリアした水が使用されています。そのため水道水に比べると消毒用のカルキなどの仕様は最低限にしているために、水本来の味に近い状態です。水道水は、皮からの水を何度も濾過して、消毒してから家庭に配水されるためにどうしても薬剤臭い、よくカルキ臭いと言われる匂いが残ります。天然水に近いウォーターサーバーの水は、子供にも安心して利用できるために小さいお子様のいるご家庭には特におすすめです。

費用はそんなに高くない!

ウォーターサーバーは、今売り手市場のために、扱っている業者も沢山います。一番上手に利用する方法は、本体自体の費用が無料でレンタル、水のボトルは、メーカー既定の配送期間でなく、使用者の期間で使用できるメーカーがお勧めです。とくに水のボトルについては、メーカー側の配送期間の場合は、自宅に在庫を抱えてしまい、期限切れなどになってしまう場合があるので、利用者の任意で配送期間を決められるメーカーを選ぶことをお勧めします。

ウォーターサーバーを使っているお宅やオフィスが増えています。最近では多くの店舗でも利用していますね。美味しく安全な水が飲め、配達してもらえて、常時お湯が出るというのが魅力ではないでしょうか。