ずばり、トイレの詰まりはこうやって直す!

まずはバケツで直してみましょう!

トイレの詰まりは主に、トイレットペーパーや便の詰まりからきています。そんな詰まりをいち早く直すためには、まずシンプルな方法でやってみましょう。まず、バケツに水を入れます。そして、トイレの排水口に向けて、高い位置からゆっくり流しいれますが、ここで大事なことは、勢いよく水を流しいれるのではなく、ゆっくりと入れることです。急激に水を入れると便器から汚水が溢れ出す危険があるので、ゆっくりと水を入れることで、排水を促し、便器の詰まりは解消されるでしょう。

バケツでだめなら、ラバーカップに挑戦です!

バケツで詰まりが直らなかった場合の次のステップはラバーカップ(スッポン)の使用です。ラバーカップの使い方は何も難しいことはありません。まず、バケツに水を入れて、便器に流し入れながら、排水口にラバーカップを当てて、中に空気が入らないよう真空の状態を作り上げます。そこから、勢いよくラバーカップを便器に吸引させ、勢いよく引き抜きます。それを何度も何度も繰り返して、トイレの詰まりが直るまでがんばってみましょう。

それでもだめなら、重曹の出番です!

バケツを使ってもだめ、ラバーカップを使ってもだめだった場合、重曹とお湯で詰まりを直しましょう。まず、トイレの中に熱湯ではなく、お湯を入れ、そこに重曹を軽量カップ半分ほど、お酢を軽量カップ一杯ほど混ぜいれ、ゆっくりとトイレの排水口に流しいれます。熱湯を使ってしまうと便器を損傷させる原因となってしまうので気をつけてください。そして、一時間ほど時間を置いて、トイレの水を流してみてください。重曹とお酢には詰まり物を柔らかくする作用が働くので、これで頑固な詰まりは解消されるでしょう。

排水詰まりが見受けられたら、深刻な状態に陥る前に、専門の業者に水道工事をただちに依頼することが重要です。