知っておかないと損をする!?営業代行の利用の流れ

まずは営業代行の大まかな流れを知りましょう

営業業務全般をクライアント企業や個人に変わって代行してくれるのが営業代行と呼ばれるサービスです。利用する前にはサービスの一連の流れを大まかに知っておくと、より代行業者とのコミュニケーションが図りやすくなるでしょう。サービスの提供の流れはどの会社もある程度共通しており、最初の問い合わせ後のヒアリングから代行会社からの提案、受諾後はより細かなソリューションの設計と構築、そしてそれに沿った営業活動と効果測定となっています。この一連のサイクルを繰り返しつつ、より効果の高い営業活動を修正維持していくのですよ。

自社が抱える課題や問題点は包み隠さず話しましょう

最初のカウンセリングにおいては、自社が営業活動において抱える課題や問題点は出来る限り営業代行のスタッフに話すことがベストです。自社の営業ノウハウの流出や、売上をはじめとした各種数字を外部に知られる事に抵抗を抱く気持ちはもちろん多くの人がありますよね。しかし営業代行はそれらの実情を知ることで、より最適なソリューションを提供できます。どうしても知らせる事ができない部分に関しては仕方ありませんが、出来る限り的確な状況把握のためにも、必要な情報は提供したいところです。

営業活動だけでなくアフターフォローが大事!

ヒアリングを通して現状や問題点、課題の把握を営業代行が行った後、それを元に設計したソリューションを提供して、必要なリソースを提供して営業活動を行います。しかしソリューションの運用が本当にうまくいっているかは、別途分析する必要がありますよね。それが効果測定と呼ばれるフローで、日次や週次、月次での営業活動の成果を分析し、チューニングしていきます。このアフターフォローによって次回の営業活動ではさらに高い成果が望める仕組みです。営業代行はこのような一連の流れをサイクルしてクライアントの希望する成果を挙げていくので、じっくりと付き合っていきましょう。

営業代行で完全成果報酬のサービスであれば初期投資の費用を掛けずに使えるのでリスクも少なくて便利です。