トイレ詰まりはラバーカップで解消!正しい使い方のコツ知ってる?

1、作業前の用意と、ラバーカップの当て方のコツ

作業時は汚れと水が跳ねるので、作業前に汚れてもいい服装、トイレ周辺に新聞紙などを敷きましょう。便座カバーをしていたら外してください。トイレの汚れが跳ねるのは嫌なものですが、洗ったり磨けば落ちますので、気にしないようにしましょう。ラバーカップを当てるのですが、排水口とラバーカップの間に隙間を作らないように押し込みましょう。隙間があると、動かしたときに排水口から以外の水をラバーカップが吸い上げてしまい、威力が落ちてしまいます。

2、ラバーカップの周りを水で満たして押し引き

ラバーカップの周囲を水で満たします。水が一切流れず便器が水で満たされている状態の時は必要ないのですが、溜まらずに少しずつでも流れていく場合は、トイレの水を流したりバケツや洗面器などに水を汲んできて入れてください。こうすることで、空気がラバーカップの中に入らず、水の圧力で詰まったものを押し出せます。この状態で力いっぱい10~20回くらい、ラバーカップを押して引いてを繰り返し、水が流れるようになればトイレ詰まり解消です。

3、ラバーカップでも直らない!?

多くの詰まりはラバーカップで直りますが、おもちゃなど普段トイレに流すことが無いようなものを流してしまって直らない場合、いよいよ専門業者に相談でしょう。ネットで調べてみたり、電話で聞いてみたり、作業内容によっては料金が高くなりますが確実にトイレ詰まりは直せます。予算として、3万円くらいは見積もっておいた方がいいかもしれません。生活する中でトイレは大事なものなので、これも必要な出費と思えば多少は気がラクになるでしょう。

水漏れはトイレやキッチン、風呂、洗面所等で発生します。漏水が疑われる場合、全ての蛇口を閉め、量水器のパイロットが動いてないか見ることで発見できます。